葬儀の様式を決める

故人が生前に進行していた宗教で決めますが、無宗教であったり進行していた宗教がわからない時があります。そのようなときには、故人の生家の宗教で行うことが一般的です。個人が既婚女性である時には、夫の生家の宗教で行います。また、同じ宗教であっても宗派が異なることがありますので、第一にどの様式で行うかを決めることが必要です。
夫婦の一方が亡くなった時には配偶者が、配偶者がすでに故人や喪主の責務を果たせない高齢に場合には、一般的には長男子が葬儀の喪主となります。子供がなくなった時には親が、押さない子供が喪主になる時には後見人をつけます。喪主には、故人と最も縁の深い人がなるのが一般的です。
葬儀には、世話人が必要となります。世話人は、葬儀の準備や進行を行います。通常は、親戚や友人、知人、町内会の人達に依頼します。世話人は、数人となりますが、その中から世話人代表になってもらい、全般を見てもらいます。その他に、会計、受付、接待が必要です。
葬儀の進行は、世話人と葬儀社で行いますが、世話人に遺族の要望を伝え、当座の現金や住所禄を渡しておきます。