葬儀に参列するときに渡す香典の額について

葬儀に参列するときに、仏さまにお香料をたむけるものとして始まったものが香典です。現在は葬儀に参列するときに香典を持っていき受付で渡すことが一般的になっていますが、額面は血のつながりが濃いほど高くなるとされています。地域によっても異なりますが、親や兄弟の場合は5~10万など高額になり、遠い親戚の場合は1万円ほどになります。会社同僚や近所、友人の場合は3~5千年が一般的になっていますが、4と9の額面は避けるほうがよいとされています。依然は2の額面も避けるほうが良いとされていましたが、現在は2千円や2万円の香典でも気にすることはありません。また香典の場合は、お札は新札は避けたほうが好ましいので、新札しか持っていない場合は一度折り目をつけてから封筒に入れるようにします。香典を渡すときは、封筒の裏側に金額を書くようにしますが、その場合は漢数字を用いるようにします。お札を複数枚入れるときは、向きを同じにして入れるようにします。

葬儀というと、参列するかどうかとか、香典の多寡を決めるというときに、どうかすると最初に考えるのは、それまでのおつきあいとか義理の記録を調べることになりがちです。
母がなくなったときに弔問していただいたとか、父の葬儀のときに00円いただいたというようなことが、最初に浮かんでくるはずです。
もちろん、不義理をしないという観点では大事なことです、自分の父が亡くなったときに2万円のご香典をいただいていたのに、先方の同じようなご関係でお父様が亡くなったときに、余程の事情がないかぎり、1万円で済ますというわけにはいかないからです。
もらった金額をお返しするとか、いただいているから出さないわけには行かないという気持ちは、お付き合いという観点からすると大事なことには違いないのですが、もう一つ高い次元で考えることも大事です。
時は変化し、社会も変わっているわけですから、あまり過去のことにこだわりすぎるのは禁物ということも言えます。
自分の身内の葬儀に弔問もご香典もなかったとしても、故人を弔うという気持ちがあるのであれば、迷わないで対応することこそ、ご冥福をお祈りすることになるからです。

<PR>貯蓄 / 内職 アルバイト / 家計見直しクラブ / ショッピングカート / オーディオ / 初値予想 / 心の童話 / JALカード / 超SEO対策 / アフィリエイト相互リンク / マッサージのリアル口コミ.com / 女性向けエステ.com / 健康マニアによる無病ライフ / クレジットカードの即日発行じゃけん / 生命保険の口コミ.COM /