友人の葬式で代表としてスピーチを依頼されたら

友人の葬式で代表としてスピーチを依頼された時は、何を話したらよいか困ってしまう方もいっしゃるかと思いますが、断らずに快く引き受けることが礼儀となります。事前にスピーチの原稿を用意しておくと気持ちが舞い上がることなく落ち着いて話すことができます。スピーチをするときは、前方に移動すると、業者からマイクを手渡されるので、それを利用して何らかの気持ちを友人に伝えます。悲しみから言葉が出ない状態になってしまったときは、深呼吸をしたりして平常心を保つと良いです。言葉にも注意が必要です。弔辞では使ってはいけない言葉があります。繰り返しの言葉や不吉な言葉は使用してはいけないのです。なかなかスピーチが思いつかない時は、友人と初めて出会った時のことや、学校生活での話など心のこもったスピーチををすれば参列者達は納得してくれます。葬式のスピーチを見事に終えるとよくやった、または見直したぞという声が出てきてもおかしくないです。緊張で震えていると想定されるため、椅子に座った後は高ぶった気分を落ち着かせましょう。