お葬式の際に必要となる表書きの書き方

多くの人が挙げるお葬式の際に必要となるマナーに関する疑問の中で特に多い物となるのが表書きの書き方が判らないという物です。
そのやり方は筆ペン等を使って香典袋に水引から上の場所に薄墨で用途を書いた後、下に名前をフルネームで書くという物なのですが、実はこの用途というのが問題でこれは相手方の宗教によって異なる物となっているのです。
そこで役に立つ用途というのが御霊前で、これは全ての宗教において共通の物となる用途となっています。
またこの香典袋という物は表書きをした後でも裏側の折り方に注意が必要な物となっており、この場合には先に下側を折るという悲しみの意を表す手順を行ってから上の折りを重ねる物となっているのです。