シンプルで簡単なお葬式を選択する人が増加中

参列者を少なくとどめ、コンパクトなホールを利用してリーズナブルに執り行うお葬式が増えてきています。儀式的な側面の強いお葬式は、従来はとても大きな会場に多くの参列者が来場し、豪華で立派な祭壇をしつらえて、2日日程で執り行われる形式が主流でした。しかしそのような派手とも思われるお葬式に疑問を感じている人も一定数存在していたのです。遺族への負担という観点や、派手な形式を好まないという価値観の変化など、さまざまな要因が考えられます。
そのような需要に応じるかのように、全国各地にはシンプルで簡単な形式でのお葬式プランを提供している業者が増えてきています。通常の料金と比較すると破格とも言える、10万円台から行えるというプランも用意されているケースもありますので、費用を抑えたいと考えている人にとっては、生前から自分のお葬式に関してのプランニングを行っておくと良いでしょう。近親者のみでシンプルに行う形はこれからの価値観にマッチしていると言えます。